ニキビの原因について

ニキビの原因について

 

 

ニキビ

 

年齢、性別に関わらずニキビで悩む人は多くいると思います。

 

知らないうちにできている場合がほとんどであるため、なぜニキビができてしまうのか知らずにいる人も多いことでしょう。

 

ここではそんなニキビの原因について説明します。

 

 

そもそもニキビとは?

 

簡単に書くと皮脂の過剰分泌や角質が硬くなる(過角化)ことにより毛穴に詰まってしまった皮脂のことです。

 

初期状態では色はまだ白く少し盛り上がっている程度で、これを白ニキビといいます。

 

しかしこの皮脂が外に出てきて汚れがついたり酸化されたりすると黒ニキビとなります。

 

 

さらに症状が進行するとアクネ菌がこの皮脂をエネルギー源として繁殖し炎症を起こします。

 

これが赤ニキビです。

 

 

アクネ菌とは誰の皮膚にも存在するものであり、病原菌の繁殖を抑えるはたらきを持っています。

 

したがって体に必要な菌であり異常に増殖しなければ問題はありません。

 

 

皮脂の過剰分泌

 

原因として挙げられるのはホルモンの影響です。

 

思春期のころに多く分泌される成長ホルモンや男性ホルモンは皮脂の分泌を促す効果を持ちます。

 

中高生の時にニキビができやすいのはそのためです。

 

 

また、女性の場合生理前になると黄体ホルモンが分泌され、これも皮脂の分泌を促します。

 

そしてストレスもホルモンの乱れに繋がっています。

 

 

強いストレスが続くと自律神経の内、緊張を司る交感神経ばかりがはたらくことになり、リラックスしているときにはたらく副交感神経とのバランスが崩れます。

 

交感神経が活発になると男性ホルモンが分泌され、皮脂の過剰分泌を促す結果となります。

 

 

過角化

 

過角化の原因となるのは新陳代謝やホルモンの乱れ、そして外からの刺激です。

 

ホルモンについては男性ホルモンが皮質の分泌だけでなく皮膚の角化を促す効果もあります。

 

外的要因については紫外線の影響や髪の毛が触れる、洗顔によって皮質が過度に奪われる、そして肌の乾燥などが挙げられます。

 

 

ニキビは生活習慣を見直すことによって改善することができます。

 

肌を清潔に保つのはもちろんですが、その他にも睡眠や食生活など日々の暮らしを見直すことも重要です。

 

そしてもしニキビができたら早めの対処を心がけることが必要でしょう。