ストレスがたまるとニキビができやすい

ストレスがたまるとニキビができやすい

 

ストレス

 

ニキビはできやすいときと、あまりできないときがあります。

 

毎日の生活に追われて忙しく、仕事や家事、育児などでストレスがたまってくるとニキビができやすくなってきます。

 

ストレスがたまると、心配事があったり興奮状態になり眠れなくて睡眠不足になりがちです。

 

 

睡眠不足になると、寝ている間に起こるターンオーバーがうまくいかず、肌の調子が崩れてしまいます。

 

肌の新陳代謝がきちんと行われると、寝ている間に肌細胞が新しいものに生まれ変わることで、美肌が常に保たれることになります。

 

 

このサイクルがうまくいかなくなるので、肌のバランスが崩れてしまいニキビができやすくなります。

 

ストレスがたまると、ホルモンバランスが崩れてきます。皮脂がたくさん分泌されて毛穴にたまり、ニキビ菌に感染しニキビとなっていくのです。

 

 

炎症を起こしたり、膿がたまってきたりします。

 

ストレスは、生活するうえではどうしても体にたまってきます。

 

うまく発散させてためないようにすることで、ニキビができにくくなってきます。

 

 

ストレス発散方法にも気を付けることが大切です。

 

間違った方法では、ニキビが出来やすくなってしまいます。

 

 

例えば、アルコールをたくさん飲んだり、好きなものをたくさん食べたりすることで発散してしまうと、余計に肌に影響を与えてしまいます。

 

アルコールは適量を守ってゆっくり味わうようにして飲んだり、好きなものをおしゃべりしながら食べたりと、食べたり飲んだりすることと、その時間を楽しむことで量を調整することができ、穏やかな気持ちになることができます。

 

 

食べるばかりではなく、適度に運動をして汗をかくことも気分がすっきりとし、健康を維持することができます。

 

太陽の光を浴びるために外に出ることで、夜はしっかりと眠ることができて、良い睡眠を得ることができます。

 

 

ターンオーバーが正常になると、乾燥を防ぐことも出来て皮脂の分泌量も整ってきます。

 

ニキビができにくい肌へと生まれ変わっていきます。